texlive 2012 インストール Debian Linux Mint Edition

/file/texlive 2012 インストール Debian Linux Mint Edition/texgrapgh.png

まず始めに、これは気の長くなる作業である。日本語の問題がある。

  1. 日本語の問題について
  2. texliveのインストール
  3. pxdviのインストール
  4. texmakerのインストール
  5. IPAフォントの設定
  6. jsarticle導入
  7. 自動画像挿入の設定

日本語の問題について

/file/texlive 2012 インストール Debian Linux Mint Edition/texl.png

/file/texlive 2012 インストール Debian Linux Mint Edition/xdivi2.png

texでは数段階のフェイズにおいて日本語の問題がある。

.tex > .dvi tetex, latex, platex(pLaTeX2e), ptexはそれぞれ違うバイナリである
目次概要等の表記にする日本語スタイルファイルのインストールはファイルに放り込むだけではない
.texソースコードの文字コードだけで嵌れます。文字コード対応バイナリは別個にあります
.dvi > .pdf pxdviでないと文字化けします。文字化けの理由には2バイト文字の関係でxdviファイル自体が壊れている、単純にフォント埋め込みが成されていない場合のふたつあります
フォントの登録、埋込みにはいろいろな小アプリケーションが絡み、全体として設定を完了させないとなりません
latexpdf, dvipdfm, dvipdfmxは別物です

texliveのインストール

synapticでjapanese-envをインストールしようと奮闘しても無駄骨です
TeX Live 2012 pretest 版のインストールUbuntu 12.04にTeXlive 2012を入れてUTF8の日本語ファイルを扱えるようにするを引用します。

wget http://ftp.naist.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet/install-tl-unx.tar.gz
tar zxvf install-tl-unx.tar.gz
cd cd install-tl-20120712
sudo ./install-tl --repository http://ftp.math.utah.edu/pub/texlive/tlpretest/

install しますかと訊かれるのでI

PATHの追加
.profileに追加

export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin:/usr/local/texlive/2012/i386-linux/bin

pxdviインストール

/usr/local/texlive/2012/bin/i386-linux $ sudo ./tlmgr update self all

/usr/local/texlive/2012/bin/i386-linux $ sudo ./tlmgr repository add http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/ tlptexlive
tlmgr: added repository with tag tlptexlive: http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/

/usr/local/texlive/2012/bin/i386-linux $ sudo ./tlmgr install pxdvi pmetapost
tlmgr: using pinning file /usr/local/texlive/2012/../texmf-local/tlpkg/pinning.txt
tlmgr: package repositories:
	main = http://ftp.naist.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet
	tlptexlive = http://www.tug.org/~preining/tlptexlive/
[1/4, ??:??/??:??] install: pmetapost.i386-linux @tlptexlive [223k]
[2/4, 00:03/00:11] install: pmetapost @tlptexlive [1k]
[3/4, 00:04/00:15] install: pxdvi.i386-linux @tlptexlive [583k]
[4/4, 00:08/00:08] install: pxdvi @tlptexlive [35k]
tlmgr: package log updated at /usr/local/texlive/2012/texmf-var/web2c/tlmgr.log
running mktexlsr ...
done running mktexlsr.
running mtxrun --generate ...
done running mtxrun --generate.

Texmakerインストール

Synaptic > Texmaker

Texmaker設定
/file/texlive 2012 インストール Debian Linux Mint Edition/texmakerset.png
Option > Configure Texmaker
それぞれtexlive2012のバイナリを指定する。

LaTex "/usr/local/texlive/2012/bin/i386-linux/platex" --kanji=utf8 -interaction=nonstopmode %.tex
Dvi Viewer "/usr/local/texlive/2012/bin/i386-linux/pxdvi" %.dvi
Dvipdfm "/usr/local/texlive/2012/bin/i386-linux/dvipdfmx" -f ipafonts.map %.dvi

 上記Dvipdfmは"/usr/local/texlive/2012/bin/i386-linux/dvipdfmx" -f ptex-ipaex.map %.dviで良いことが判明。2012.7.14

/file/texlive 2012 インストール Debian Linux Mint Edition/qb.png
また、左Quick Buildの項目はLaTex+ dvipdfm + View PDFを選択する。

IPAフォントの設定

texlive2012では始めからIPA 明朝体とゴシック体の使用を薦めている。
フォント指定のため当フォントの情報をTex側に登録する。フォントの指定、埋込みがないと日本語が□表示になり表示できないことが多くの場面であります (一例: Texmaker内部PDF Viewer)

多書体プロジェクト ─ IPAフォントを埋め込んでみるIPA fontをLaTeXで使うから引用する
mapファイルの作成 /usr/local/texlive/2012/texmf-dist/fonts/map/dvipdfmx/jfontmaps/ptex-ipaex.mapがもともとtexlive2012に含まれていることが判明、フォントインストール以外の作業は不要。2012.7.14

mkdir -p ~/texmf/fonts/map/dvipdfmx/base
cat <<EOT >> ~/texmf/fonts/map/dvipdfmx/base/ipafonts.map
%IPA fonts
rml H ipam.ttf
gbm H ipag.ttf
rmlv V ipam.ttf
gbmv V ipag.ttf
EOT
mktexlsr ~/texmf
kpsewhich -format 'truetype fonts' ipam
/usr/share/texmf-texlive/fonts/truetype/ipafont/ipam.ttf

とならない場合はIPAフォント自体をインストール下さい。http://ossipedia.ipa.go.jp/ipafont/index.html
/usr/local/texlive/2012/texmf-dist/fonts/truetype/public/ipaex中に当該フォントファイルがあることが判明。これをインストール下さい。2012.7.14

jsarticle導入と登録

英文テンプレートがデフォルトであるため、目次が Contents 、概要が Abstract 表示になるのを解消する。
pLaTeX2e 新ドキュメントクラスよりjsclasses-110510.zipをダウンロードし、

mkdir -p ~/texmf/tex/platex/js
unzip jsclasses-110510.zip -d ~/texmf/tex/platex/js
mktexlsr ~/texmf

自動画像挿入の設定

/file/texlive 2012 インストール Debian Linux Mint Edition/shellextract.png
本来texにpngやjpegなどラスターグラフィックを挿入するためにはあらかじめツールソフト群の内のひとつであるebbを叩いて画像表示サイズをファイル出力しておかなければならない ebb と extractbb が、これを設定ファイルによって自動化する。
MacTeXを引用する
texmf.cnfを開き、shell_escape_commandsextractbb,\を追加する

sudo vim /usr/local/texlive/2012/texmf/web2c/texmf.cnf

エラーメッセージ群

There is no � in font cmr17

ipaフォントを指定

unrecognized option --kanji=utf8

utf,euc対応したtexlive2012 platexバイナリを使用

Can't find character 9982 in cmr..とか何とか

platex, pxdvi, dvipdfmxを使用し、ipaフォントは埋め込んでおく

tex目次
    last modified: 15 July 2013 [ View wiki source Close ]
     
SEARCH DIFFERENCE ATTACHMENT RECENT POST